底地・借地の問題は経験豊富な宅建士、不動産鑑定士、税理士、弁護士のチームで手助けいたします

借地権とは?をわかりやすく解説

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

借地権とは?

 

『建物所有を目的とする地上権、または土地賃借権』をいいます。

 

とっても簡単にいうと

『第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てられる権利』です。

 

 

借地権の種類

借地権には、借地借家法に基づく借地権と 民法上の借地権があります。

「借地借家法に基づく借地権」の種類は?

  • 「地上権」
  • 「土地の賃借権」
ともに人様の土地で、建物を所有するための権利ですが
土地利用においてはほとんどが賃借権によって行われております。
理由は、地上権は、民法で土地を利用する側に強い権限を与えてしまうためす。

「民法上の借地権」の種類は?

  • ①「建物所有を目的としない土地の賃貸借」
月極駐車場や資材置き場などがこれに該当します。

底地・借地の問題を
経験豊富な宅建士、不動産鑑定士、税理士、弁護士のチームで手助けいたします

解説

賃借権とは、地主さんが、所有する土地を借地人さんに利用する権利を認め、借地人さんがその対価として賃料を支払う関係。

建物の所有目的で土地を借りる人の事
呼び名①:借地権者(しゃくちけんじゃ)
呼び名②:借地人(しゃくちにん)
土地を貸す人の事
呼び名①:底地権者(そこちけんじゃ・そこちけんしゃ)
呼び名②:底地人(そこちにん)
呼び名③:借地権設定者(しゃくちけんせっていけんじゃ・ていとうけんせっていけんしゃ)
呼び名④:地主(じぬし)さん

と呼んだりします。

なお、平成4年・1992年8月に新借地借家法 ※新法が制定され、普通借地権定期借地権とに大別されました。

なお、定期借地権の中には、一般定期借地権事業用借地権建物譲渡特約付借地権とに分類されています。

平成4年・1992年8月より前から土地を賃貸借している場合は、旧法の借地法が適用されます。もちろん双方の合意があれば、新法借地権への変更が可能になります。

 ◎記事・監修 
ハウス・アンド・ランド株式会社 代表取締役 水越久仁郎      会社HP