底地・借地の問題は経験豊富な宅建士、不動産鑑定士、税理士、弁護士のチームで手助けいたします

底地権とは?わかりやすく解説

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

「底地権」とは

 

『借地権の付いた土地所有権』のこと。

 

「貸地」や「貸土地」または「貸宅地」といった方がイメージし易いかもしれません。

借地権とは

先ずおさらいとして、借地権とは、一体どんな権利でしたっけ?

答え
『建物所有を目的とする地上権または土地賃借権』のこと。

地上権は民法で土地を利用する側に強い権限を与えてしまうことから、土地利用においてはほとんどが賃借権によって行われております。

賃借権とは、地主さんが、所有する土地を借地人さんに利用する権利を認め、借地人さんがその対価として賃料を支払う関係。

ここでいう賃料のことを地代(じだい)といいますよね。

底地・借地の問題を
経験豊富な宅建士、不動産鑑定士、税理士、弁護士のチームで手助けいたします

底地権には様々な制限があります

底地権は、土地そのものは地主さんの所有権ですが、

借地権が存在する限り自由に利用することが出来ない等の様々な制限があるため、一部では底地権はこのように呼ばれております。

  • 「利用権のない所有権」
  • 「不完全所有権」

底地権 + 借地権 = 所有権

このような簡単な方程式は成り立たないのです。

 ◎記事・監修 
ハウス・アンド・ランド株式会社 代表取締役 水越久仁郎      会社HP