底地・借地の問題は経験豊富な宅建士、不動産鑑定士、税理士、弁護士のチームで手助けいたします

『借地権と境界標について』

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

借地権と境界標について

借地権に、公法上の境界はない。

 

土地の境界とは?

先ずはじめに、土地の境界とは、なんでしょうか。
 
答えは、土地と土地の接するところ。

 

この様に定義されています。

不動産登記法では、連続する土地を区分して1つの区画をつくり、各々に地番という番号をつけていますよね。

実は借地権は、1つの土地、すなわち1つの地番・一筆の土地の上に、複数存在する場合が多いものです。

この場合は、各々の使用範囲が境界線となりますが

このラインは、借地権と借地権との境に、借地権界といって公法上の境界標ではない境界に境界標を入れて明示したり、図上点といって図面上で使用範囲を示したり、木や石を置いて境界を表したり、赤や黄色のペンで印をつけるケースなど実に様々です。

 

借地人さんが、借地権を売りたいから、新たに測量を入れたいと言われたこともある事でしょう。

現代の測量技術は、GSP機能も駆使しての測量になりますから、あっぱれ、
昔・いつ?の測量技術で計測した面積と誤差が出るのは日常茶飯事。

しかも新たな測量により、借地面積が変わると、地代の㎡単価が変動する始末。

地代の㎡単価が変わってしまっては、土地の賃貸借契約書を再度、結ぶおよび結ぶに伴う手間がいくつも増える為、新たな測量を認めてもらえないこともしばしば。大抵は煙たがられます。

しかしですね、
底地権者さんは、将来的に底地権を売却することを見据えて応じてあげることも賢明と私は考えます。

理由は、借地権界を分筆・分割するチャンスでもあるからです。

 

 

今のうちに借地権界の通りに分筆・分割しておけば、1つの独立した所有権または底地権として、高値での売却や
借地権を買い戻すチャンスに繋げられるかもしれません。
買手側が、住宅ローンを利用する場合は、借地権界の通りに分けてあげたほうが、融資も通り易いものです。

また別の機会で底地権を高値で売る秘訣を解説させていただきますね。

底地・借地の問題を
経験豊富な宅建士、不動産鑑定士、税理士、弁護士のチームで手助けいたします

まとめ

借地権に公法上の境界はない。

しかし借地権や底地権の将来的な売却や買戻し、等価交換に備え、早い段階で、借地権界を分筆することで、商品としての不動産をブラッシュアップしたほうが得。

 ◎記事・監修 
ハウス・アンド・ランド株式会社 代表取締役 水越久仁郎      会社HP