底地・借地の問題は経験豊富な宅建士、不動産鑑定士、税理士、弁護士のチームで手助けいたします

『地主の力が弱まった1つの元凶とは?』

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

底地権者の力が弱まった1つの元凶とは?

 
借地法の改正により、借地人さんに契約を更新する権利が与えられたことが、1番の元凶。

 

借地人さんは、半永久的に土地を利用することが出来るのと同時に、地主さんは、半永久的に土地を自己利用できない。

底地・借地の問題を
経験豊富な宅建士、不動産鑑定士、税理士、弁護士のチームで手助けいたします

地代の額に関しても、土地の賃貸借契約がはじまった当初と比べ、長い年月を経ていますから、経済が発展、物価も土地の値段も上がっているはず。

しかし、地代の額は借地人さんとの合意がとれない限り柔軟に値上げができない。
「出てけぇ~」と言いたくとも、上述の通り、借地人さんには、契約を更新する権利が法律により守られている。

MEMO
遡れば、明治42年・1909年に制定された建物保護法以前は、民法による所有権絶対の原則により、債権である借地権は、とても弱いものだったようです。

この建物保護法により、借地人は、所有する借地上の建物を登記すれば、第三者に借地権が主張できるようになった。

その後、関東大震災や、戦争などの時代の背景によって、様々な法改正を経て、
昭和16年・1941年の借地法の改正により、正当事由、法定更新制度が制定された。

そして貸したら帰ってこない借地が成立、誕生した。

 ◎記事・監修 
ハウス・アンド・ランド株式会社 代表取締役 水越久仁郎      会社HP